カードローンやキャッシングの返済方法。

カードローンやキャッシングの返済は、基本的には毎月決まった日に約定返済として、○○万円までは一万円、○○万円からは二万円など決まった金額を口座から自動引落しする方法で返済されていきます。

この方法では自動引落し額の中に、利息と実際の返済額が合算されており、借り入れ金額が多いほど、利息の金利が高くなっていく計算になっています。

この方法だと毎月少しずつの返済で良いので安心ですが、あまりのんびり返済していると利息がどんどん膨らんで、返済完了までに時間がかかりがちです。

もしお財布に余裕があるようであれば毎月の自動返済額とは別口にATMで直接返済していく事をおすすめします。

すると借り入れ元本が小さくなるので金利分も減り、より早くキャッシングやカードローンの返済をする事ができます。

また、自動引落しされる約定返済分の返済額が引き落とし分が決まった日までに返済が出来ない場合、その決まった金額の引き落としが終わるまでの間はキャッシングの利用が出来なくなる場合があります。

もしあらかじめ、返済口座の残金が引き落とし金額に届かない事がわかっている場合、裏技があります。

キャッシング返済額の引き落とし日前に一度キャッシングで不足分を引き出し、口座に入金すると引き落としができる場合があります。

この方法は結局はキャッシングを引き伸ばしているだけなので、緊急の場合のみの利用が良いでしょう。

基本的には借り入れも返済も計画的に行うのが大切です。