月別: 2017年7月

外食費が高かったが、お家ごはんに変えて節約!

我が家は美味しいものを食べることが大好きで、何か特別な日でなくてもステーキやお寿司などを高級なお店に食べに行っていました。
私の妊娠が発覚してからは仕事を辞めてしまった為、主人のみの収入で生活を切り盛りしなくてはいけなくなりました。単に美味しいものを我慢すればよいだけの話だとは思うのですが、主人は美味しいものを食べないと生きる気力さえ無くなる人なので、美味しいものを食べることは必然となっていました。
子どもが産まれると入れるお店も限られてくるので、それまでは休日などは頻繁に外食するようになりました。ただ、子どもが産まれてからは、やはり今までと同じような生活はできず、やむを得ず、ネット通販でのお取り寄せを中心にお家ごはんにシフトしていきました。
今のネット通販は、昔に比べると格段と進化しており、ステーキ以外にも、ラーメンもお店と大差ない本格的なものを食べることができます。しかもお店に比べ、自宅だと人件費やお店の利益率、交通費なども削減でき、また飲み物も安くゆったり寛ぎながら食べれるので、結果的にお家ごはんのほうが格段と節約以上にお得感があります。また、冷凍ものだとストックが可能ですので、いつでも好きな時に食べることができます。カードローン 即日

実力のあった企業の低迷に関して

東芝の9500億円の赤字を暫定発表した件に関して、

私が常々思っている事があります。

東芝やシャープなど昔からある大きな会社が最近は経営難になり赤字決済をすることがあります。

私がいつも感じていたことは、経営側と現場との温度差が要因になっていると思います。

私は以前、派遣社員として大きな会社に勤めていたことがあります。

その時、経営側はお客様の事を考えて品質面や商品の向上を考え利益を上げる事をメインに考えていますが、

現場にその思いが伝わっていない事がよくあります。

現場では日々の生産に追われ、また派遣会社が入っている会社では派遣会社の社員にまでその思いは届いていません。

実際に私も当時、派遣社員として働いていた時も経営側がそのような思いを考えているとは思っていませんでしたし、実際に目に見える形になっていなかったので、自覚はありませんでした。

経営を良くし、経済を良くするためには経営側は現場に、現場は経営側にもっと近付く必要性があると思います。

今ある壁をどのように解消するか改善してPDCAを回してより良い環境作りをしていければ経営が良くなっていくと思います。

私は今、中間管理職をしていますのでそのようになっていけるように日々頑張っています。カードローン 比較