派遣法の意味不明な改正

最近の政治はいろんなことをいじくり回してどんどん悪い方向に行っているような気がする。当の政治家(官僚?)たちはあれでも一生懸命良くしようと努力しているのかもしれないが、私には悪くなっているとしか思えない。

特に強く思うのは派遣法改正について。本年度成立予定の改正案では、派遣を3年間で打ち切りにして正社員化を促すというが、雇う企業側にそんな気がないのは明らか。人を取り換えれば済む話。結果、3年間で蓄えたスキルは無駄になり、派遣切りのような形になってしまうだけなのは誰の目にも明らかなのに。

だいたい、派遣社員を正社員にさえすればすべて解決とでも思っているのだろうか?派遣がすべて悪いと思っているとしか思えないのだが。

景気が良くなったとは言っても、実感は全然ないし、給料が上がったのはごく一部の人たちだけ。未だにブラック企業が多数ある中、身の安全を守る為、派遣を選択している人たちだっている。直接雇用の場合は上からの圧力で残業代を申請できない場合もあるが、派遣の場合は派遣会社が間に入っているので残業代未払いということは、まずない。家庭の事情や体調から正社員のようにフルで働けない人も多数いるが、派遣なら働く日数を選択することもできる。

正社員になりたいけどやむなく派遣で働いている人たちも3年で切られるくらいなら、派遣のままでも仕事があった方がまだマシなのに。

政治家も官僚の言いなりならないで、もっと自分の頭で考えてほしい。もうこれ以上いじらないで欲しいし、できれば平成24年の改正前に戻して欲しいものだ。
カードローン在籍確認