毎日の料理から、節約を心がける。

日々、節約しようと思っていても、給料日前になると通帳とお財布の中身が厳しいというのは、良くある話です。わたしも気をつけてはいるのですが、金欠になることが多々あります。

家賃や通勤にかかる費用、水道光熱費など、減らせない部分は仕方がないとして、それ以外で節約しようとすると食費しかありません。そこで、金欠になる前に食費を減らすことで節約をしようと思いました。本来、捨ててしまうような部位だったり、物を使ってメニューに取り入れるんです。

アスパラの根に近い部分は筋が多く、茹でただけでは食べられない部分ですが、薄く切って使うことで立派な食材になります。スープの具として使ったり、切り干し大根やきんぴらに入れても美味しく食べることができます。

また、野菜を保存することで節約にもなります。トマトはざく切りにして保存バッグに入れ冷凍できますし、ピーマンも細切りにして一回分ずつラップで包んで冷凍しておけば、長期 保存できます。野菜は季節や天候によって高騰するものなので、安いときにたくさん買って冷凍保存しておくとだいぶ節約にもなりますし、火の通りも早いのでガス代の節約にも繋がります。

また、料理で保温調理を心がけると、更に節約に繋がります。三井住友銀行カードローン 審査