原油価格の下落による経済の影響

原油価格の下落に伴って、高くなっていたガソリンの価格が下がる事によって、日本経済の活性化につながる見方が強まっています。ガソリンの価格が下がれば、物価高が継続していた影響で、庶民の暮らしも幾分楽になって、国内のGDPも上昇する見込みです。

原油の価格が下がれば、ガソリンの値段のデフレが継続して、通勤費などは極力少なめに抑えられる事がメリットです。家計で交通費に使用するお金が減る事で、他の分野にお金が回る事によって消費を刺激する事で経済を刺激する結果に繋がります。

原油価格の下落の要因は、サウジアラビアなどの中東の諸国が生産する原油の生産量に関して、経済に見合わないぐらいに減っていない事です。アメリカでは特有のエネルギーとして、シェールガスというエネルギー源が存在していて、なかなか需要量が供給量に追いついていない事が現状です。

原油価格が下がる事は、本来であれば世界経済の減退に繋がりますが、以前の状態と状況が異なります。日本では自動車で使う新しいエネルギー源として、電気や自然エネルギーなどを模索していました。ガソリンの料金が下がる事で、ガソリンで動く自動車の販売による利益の向上に繋がって、日本経済にとって追い風になる事が予測されます。総量規制対象外カードローン