ポケモノミクスと任天堂

ポケモンGoが日本で配信された途端、任天堂の株が物凄い上がり方をしましたね。

常時アプリを起動していないとならないのでバッテリーの消費も早いから

モバイルバッテリーを作っている会社の株価も連動して上がったとか。

でも、任天堂が「株価に与える影響は限定的」と消極的な見解を発表して

一転ストップ安に…。その後少し盛り返したようですけどね。

任天堂はどうしてこのタイミングで、盛り下がるような発表をしたんでしょうか?

私はこの発表があるまで勘違いしていたんですが

ポケモン関連の事業は「株式会社ポケモン」という

任天堂の子会社がやっているんですね。

そしてポケモンGo自体の開発もアメリカの会社で、株式会社ポケモンの取り分は

ライセンス利用料に留まると。

それなら任天堂への儲けは微々たるものですね…。

今後、任天堂としてポケモンGoの周辺機器を発売する予定があるので

それが売れれば多少は、という感じでしょうか。

ただ発売時期によってはブームが落ち着いてしまっている可能性があり

これも確実なプラス材料とは言えないと思います。

世間が思うほど任天堂に経済的恩恵は無さそうなのに

事件や事故などのトラブルが起きた際のイメージダウンを

一番被りそうなのもまた任天堂というのが…。

辛い立場になっているのかも知れませんね。

即日融資 キャッシング